topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気 - 2009.10.16 Fri

ルイが咀嚼筋筋炎という病気にかかっています。
先月、お誕生日旅行の前に口が開かなくなってしまったのです。

090904l3.jpg

この写真は9月4日のものですが、こんなふうにしか咥えられなかったようです。
前からこういう咥え方をすることがあったので、いつから痛みとかがあったのかもわかりません。
気がついたのは、冷蔵庫の氷が大好きで引き出しを開ける音だけでとんできてパクッと咥えていたのが、咥えられなくなっていたからです。
旅行の写真を見てもらえればわかると思いますが、口がほとんど開いていません。

最初(旅行前日)は他の病気も疑っていたので、ステロイドではなく消炎鎮痛剤を数日飲ませたのですがほとんど効果がありませんでした。

ステロイドを先に飲ませてから、血液検査をすると結果に影響して正しい判断ができないということで
先生は消炎鎮痛剤を出したということでした。
旅行から帰ってきてすぐに採血をしました。
検査が出るまでに時間がかかるために先に治療を始めました。
咀嚼筋筋炎は自己免疫性疾患で免疫抑制剤の投与が第1選択ということでステロイドを飲み始めました。
最初はフードを食べるにもほとんど口が開かないためふやかしてあげたりしていましたが、数日でだいぶ開くようになり今では普通に食べられるようになりました。

検査の結果が出るまでに3週間もかかってしまいましたが、抗咀嚼筋抗体価が高いということで
咀嚼筋筋炎と診断が確定しました。

090928al1.jpg

この写真は9月28日ですが、ボールを咥えられるようになっています。
こういう病気にかかっていますと言わなければ、元気だし全然わからないルイです。

先生もほとんど診たことがない症例ということでした。
ステロイドをずっと飲ませることに不安があるので、どなたかこの病気について何か知っていることがありましたら、書き込みをお願いします。

090928l1.jpg

スポンサーサイト

● COMMENT ●

お大事にね

びっくりしました。世の中には、いろんな病気があるものなのですね。
口が開かない・・・うううん。不便ですよね。
でも、今は、ご飯を食べるのに不自由はないのね?それは、ステロイドのおかげ?やめたら元に戻ってしまうのかしら。
なんの知識もなく、なんの役にも立てません。ごめんなさい。でも、ルイちゃんのために祈りますからね。
どうかよくなりますように。
ルイちゃんが元気にしててくれるのが、せめてもですね。
どうかお大事に。
インディーママさん、落ち込まないでね。きっと大丈夫だからね。

No title

私も初めて聞く病名でした。
ネットで少しだけ見たところ、この病気になってステロイドを暫く服用後、
自然と治ったワンちゃんもいるようです。

さぞご心配でしょうが、ルイ君は今は機能を回復しているようですし、
インディーママさんがきちんとケアをされているので、心配しすぎる事は
ないかもしれませんよ。

ルイ君もミニーちゃんも、私にとっては大きな意味で家族だと思っているので、
本当は何か力になれたらいいのですが・・・
このまま元気に回復しますように・・・☆

No title

P太郎ママさん、ありがとうございます。
P太郎ママさん、私もこんな病気初めて聞きました。
最初は頭蓋下顎骨関節症を疑っていたのですが、この病気だと確定するにはMRIを撮らなければわからないけど、口が開かないルイには撮れないので他の病気ではないという消去法で病気を確定することにしたんです。

今の状態がステロイドのおかげだとずっと続けなければならなくて、それだけは避けたいと思っているのです。
最初に疑っていた頭蓋骨下顎関節症だと遺伝的な疾患ということでこのまま口が開かないかもなんて考えたらお先真っ暗で安楽死も考えたくらいです。
でも、今は口も開いてるし普通の生活ができているので
前ほど落ち込んでいません。
何とかいい方向に向かうよう頑張ります。

Pちゃんの鼻血、止まってよかったです。
何でもないことを祈ってます。

No title

ナイトママさん、ミニーとルイのことを家族だなんて言っていただいて本当に嬉しいです。
今のところ普通の生活ができているし、とても元気なのでこのまま治ってくれたらなあと思っています。

アロン君と一緒に散歩をして楽しそうな姿を見ているのでジェット君にも早く会いたいねといつも話しているんですよ。
実現しましょうね♪

No title

ルイ君のようすはその後いかがですか?
お口がうまくあかないなんて、ワンコにとってはとってもつらいでしょうねv-409

↑自然に治ったワンちゃんもいるようですとのことですので、そうなることを祈っております。

No title

さくらまさん、ご心配いただきありがとうございます。
ルイはステロイドを飲んでいるからなのか、口も開いて普通の生活をするには不自由なく過ごしています。

今度獣医さんに行ったら、今後のことを相談したいと思っています。

はじめまして。
わが家には8歳♂ミニチュアシュナウザーがいます。
数週間前から口を開けたまま閉じれません。病院で診てもらったところ咀嚼筋がないということでした。疑われるのは、筋無力症か自己免疫疾患だろうということで、正確な診断はこれからになります。

口は開けられるので真逆の症状ですが、同じ病気なのかと思い書かせていただきました。

薬を飲み続けるのか不安でしょうが、開くようになってよかったですよね。

うちはこれから診断が出るので不安いっぱいです。

カイ姉さん、こんにちは!
カイ姉さんのところのシュナウザーの子は口が開かないとのことですから、たぶん違う病気じゃないかと思います。
咀嚼筋筋炎は側頭筋や咬筋などの咀嚼筋が炎症を起こす病気で、口を開くことが困難になるようです。

診断が出るまでは不安でしょうが、診断が出れば治療法もはっきりするでしょうから、落ち込まないで頑張ってくださいね。

返信ありがとうございます!

『特発性三叉神経麻痺』と診断されました。
ステロイドの薬で回復してきました(^^)v
出来ない事が増えていく毎日で絶望的な気持ちでいましたが、元に戻って来たので嬉しい限りです!これからも頑張ります(^^)v

カイ姉さん、こんばんは!
病名がわかったのですね。
特発性ということは一時的なものなのでしょうか?
ステロイドを飲むことで回復してきてよかったですね。
お互いに頑張りましょうね♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://indyminnie.blog13.fc2.com/tb.php/280-623cc778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日曜日は «  | BLOG TOP |  » シルバーウィークも野田スポーツ公園

プロフィール

インディーママ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。